ヤマハ 売却

ヤマハのバイク買取情報記事一覧

アクシストリート(AXIS)を高価買取してもらうコツ

AXISトリートは、2009年に発売された原付二種のスクーターです。ヤマハが展開するアクシスシリーズの中では、フラッグシップとなっているモデルですね。台湾で製造されており、日本国内に正規輸入して販売されています。主に通勤用途のために開発されており、街乗りでの機動力が非常に高いのが特徴です。また、リア...

≫続きを読む

 

ヤマハ・BJを高価買取してもらうコツ

BJは、2003年に発売された原付スクーターです。ヤマハのジョグシリーズの派生車種で、「BASIC JOG」を略してBJという車名となります。ジョグの廉価版モデルとして、台湾で生産されていました。2ストローク車で最高出力6.5PSなので、今のスクーターと比較するとかなり速いです。燃料計やフロントポケ...

≫続きを読む

 

ヤマハ・ボルト(BOLT)を高価買取してもらうコツ

BOLTは、2013年に発売されたアメリカンタイプのオートバイです。アメリカンといっても、ややネイキッド寄りのスタイルとなっており、かなりスポーティーな外観となっています。厳密には、ダートレースがルーツである「ボバー」と呼ばれるスタイルのようです。元々は、海外専用モデルの「XVS950」の派生車種と...

≫続きを読む

 

ヤマハ・ブロンコ(BRONCO)を高価買取してもらうコツ

ブロンコは、1997年に発売された250ccのオートバイです。セロー225をベースとしており、ヤマハ「トレールDT1」を意識したレトロな外観となっています。オフロードからオンロードまで、どんなシーンにも似合うバイクですね。90年代は、バイク業界にレトロブームが起きており、それに合わせて投入されたモデ...

≫続きを読む

 

ヤマハ・BW'S(ビーウィズ)を高価買取してもらうコツ

BW'Sは、1988年に発売された原付スクーターです。オフロード走行もできるレジャーバイクで、ブロックタイヤに2灯式ヘッドライトなど、かなりアグレッシブな外観となっています。専用サスペンションを装着しているので、スクーターにもかかわらず強靭な足回りをしていますね。そのため、ダートなどの悪路であっても...

≫続きを読む

 

ヤマハ・BW'S125(ビーウィズ)を高価買取してもらうコツ

BW'S125は、2008年に台湾で発売された原付二種のスクーターです。シグナスXの派生モデルとなっており、Fiを標準搭載していました。当初は代理店による逆輸入として販売されていましたが、不具合が多く輸入が止まってしまいます。その後、2015年に台湾でフルモデルチェンジが行われたことを機に、2016...

≫続きを読む

 

フェザー8(Fazer8)を高価買取してもらうコツ

Fazer8は、2010年に発売されたスポーツバイクです。ハーフカウルを装着したモデルで、兄弟車にはネイキッドのFZ8が存在しています。ヤマハが海外で展開しているモデルのため、日本では逆輸入して販売されていますね。従来の排気量区分を無視して実用性を追求したため、800ccのエンジンを搭載しています。...

≫続きを読む

 

FJR1300を高価買取してもらうコツ

FJR1300は、2001年に発売されたツアラータイプのオートバイです。FJ1200の後継車ですが、車体やエンジンなどはすべて新設計となっています。欧州のツーリングシーンに対応できるように、長時間のタンデム走行を快適に行えるように開発されました。元々は、海外専用モデルでしたが、2013年からは国内で...

≫続きを読む

 

ヤマハ・FZ1を高価買取してもらうコツ

FZ1は、2006年に発売された1000ccのネイキッドタイプのオートバイです。元々は、2001年に発売のハーフカウル付きモデルの名称でしたが、ネイキッドタイプが登場したことでFZ1に統一されました。そして、ハーフカウル付きモデルは、「FZ1 FAZER」という名称となっています。元々は、欧州や北米...

≫続きを読む

 

FZ1 FAZER(フェザー)を高価買取してもらうコツ

FZ1 FAZERは、2006年に発売されたハーフカウル付きのオートバイです。当初はヨーロッパで販売されていましたが、2008年に日本国内仕様も発売されました。兄弟車として、ネイキッドタイプの「FZ1」があります。海外仕様よりも最高出力が落とされていますが、低中速域での扱いやすさが向上されました。日...

≫続きを読む

 

FZ8を高価買取してもらうコツ

FZ8は、2010年に発売された800ccのネイキッドタイプのオートバイです。ヤマハが海外向けに生産しているモデルで、兄弟車としてハーフカウルを装着した「Fazer8」がありますね。国内での正規販売はされていませんが、代理店のプレストコーポレーションが逆輸入して販売しています。日本の自主規制が適用さ...

≫続きを読む

 

ヤマハ・ギア(GEAR)を高価買取してもらうコツ

ギアは、1994年に発売されたビジネススクーターです。主に、配送業務で使用するために開発されており、積載能力や荷物の積み下ろしの容易さなどに重点が置かれています。前輪は安定性の高い12インチホイールを採用し、後輪は荷台を下げるために10インチホイールを採用しました。これにより、重い荷物も容易に乗せる...

≫続きを読む

 

ヤマハ・JOG(ジョグ)を高価買取してもらうコツ

JOGは、1983年に発売された原付スクーターです。若者を対象としたスクーターで、ホンダのディオとはライバル関係となっていますね。30年以上も販売され続けているロングセラーモデルなので、誰でも見たことがあるでしょう。メットインによる収納力や経済性の高さから、学生の移動車として長年支持されています。ま...

≫続きを読む

 

ヤマハ・JOG100(ジョグ)を高価買取してもらうコツ

JOG100は、中国ヤマハで生産された原付二種のスクーターです。中国生産ということで、20万円を切る価格帯で人気となりました。主に、通勤や通学の用途で使用する人が多いですね。日本では正規販売されておらず、代理店のアトラスが逆輸入して販売していました。なので、あまり知名度はありませんが、知る人ぞ知る経...

≫続きを読む

 

ヤマハ・MT-03を高価買取してもらうコツ

MT-03は、2015年に発売された320ccのネイキッドタイプのオートバイです。インドネシアで生産されており、流行のストリートファイタースタイルを採用しています。また、250cc版として「MT-25」も同時にリリースされました。元々は、海外向けに開発されたモデルなので、320ccという中途半端な排...

≫続きを読む

 

ヤマハ・MT-07を高価買取してもらうコツ

MT-07は、2014年に発売された700ccのネイキッドタイプのオートバイです。次世代のスタンダードバイクを作るために開発され、海外で人気のストリートファイタースタイルを取り入れました。軽量コンパクトで力強いトルクを発生させる、新開発の直列2気筒エンジンを搭載しています。ABSなしのモデルで70万...

≫続きを読む

 

ヤマハ・MT-09を高価買取してもらうコツ

MT-09は、2014年に発売された900ccのオートバイです。ストリートファイターのネイキッドタイプで、90万円を切る価格設定で人気となっています。新設計の3気筒エンジンを開発し、大幅なコストダウンを行いました。発売開始から驚異的なセールスを伸ばし、年間販売計画を1500台から4000台に上方修正...

≫続きを読む

 

ヤマハ・MT-09トレーサーを高価買取してもらうコツ

MT-09トレーサーは、2015年に発売されたMT-09の派生車種です。MT-09をベースにスポーツ性を重視しており、「スポーツ・マルチ・ツール・バイク」というコンセプトで開発されました。エンジンやフレーム、サスペンションなどは共通で、ハーフカウルと大型タンクを装着したのが大きな特徴です。長距離走行...

≫続きを読む

 

ヤマハ・MT-25を高価買取してもらうコツ

MT-25は、2015年に発売された250ccのネイキッドタイプのオートバイです。YZF-R25のネイキッド版となっており、320ccのMT-3も同時にリリースされました。異形ヘッドライトを採用した、流行のストリートファイターとなっています。徹底的な軽量化とダウンサイジングが行われており、最高出力3...

≫続きを読む

 

NMAXを高価買取してもらうコツ

NMAXは、2016年に発売された原付二種のスクーターです。スポーツスクーターのTMAXの派生モデルとして、125ccに縮小したものですね。走りと環境性能を両立させた、“BLUE CORE”エンジンを搭載しています。ビッグスクーターなので車格が大きく、タンデム走行なども楽にこなすことができます。積載...

≫続きを読む

 

ヤマハ・R1-Zを高価買取してもらうコツ

R1-Zは、1990年に発売されたネイキッドタイプのオートバイです。RZ250の後継車であり、RZと国道1号線をかけ合わせて「R1-Z」という名称となりました。水冷2ストローク並列2気筒エンジンを搭載し、速さよりもフィーリングを重視しています。発売当時はレーサーレプリカ全盛期で、絶対的な速さを追求し...

≫続きを読む

 

RZ250を高価買取してもらうコツ

RZ250は、1980年に発売された250ccクラスのネイキッドタイプです。RD250の後継車であり、究極の2ストロークモデルを作るというコンセプトで開発されました。RZシリーズとして、様々な排気量がリリースされていますね。水冷2ストローク並列2気筒エンジンを搭載し、当時としてクラストップの35PS...

≫続きを読む

 

RZ50を高価買取してもらうコツ

RZ50は、1982年に発売された50ccのスポーツバイクです。7.2PSの最高出力を誇っており、当時の原付クラスでは最高のスペックでした。原付としては大柄なボディサイズのため、長距離ツーリングでも疲れないとして人気となります。1990年に後継車のレーサーレプリカ「TZR50」が登場し生産が終了しま...

≫続きを読む

 

SR400を高価買取してもらうコツ

SR400は、1978年に発売されたオートバイです。発売当初から大きな変更もなく、40年近くも売れ続けているロングセラーモデルですね。バイクの原型ともいえるシンプルなスタイルで、多くのファンがいます。カスタムベースとしても人気の車種で、カフェレーサースタイルなどに改造する専門ショップなども多いですね...

≫続きを読む

 

SR500を高価買取してもらうコツ

SR500は、1978年に発売されたレトロなロードスポーツモデルです。SRシリーズのフラッグシップという位置づけで、SR400よりも鼓動感がある走行フィーリングを感じることができます。大型二輪免許が必要なので登録台数は少ないですが、あえてSR500を選択するユーザーも多くて長く支持を集めたモデルです...

≫続きを読む

 

SRX400を高価買取してもらうコツ

SRX400は、1985年に発売されたネイキッドタイプのオートバイです。SRシリーズの派生車種ですが、スポーツ色を強めた外観となっています。空冷4ストローク単気筒エンジンに、前後ディスクブレーキを採用しました。あまり出力の高くないエンジンですが、カスタムすることでキビキビと走るようになります。そのた...

≫続きを読む

 

TMAXを高価買取してもらうコツ

TMAXは、2001年に発売されたスポーツスクーターです。見た目はビッグスクーターですが、ヤマハではロードスポーツモデルとして位置付けられています。2人乗りの快適性とスポーティーな走行性能を重視したモデルとなっていますね。シート下スペースやフロントポケットなどの機能性と、前後の重量配分を均等にするこ...

≫続きを読む

 

TMAX530を高価買取してもらうコツ

TMAX530は、2013年に発売されたロードスポーツモデルのスクーターです。TMAXの後継モデルとなっており、エンジンをボアアップしています。かなりハイスペックな性能となっていて、これまでのビッグスクーターの概念を覆しました。先代のTMAXとの違いについては、新開発のCVTやアルミ製リアアーム、ベ...

≫続きを読む

 

TW200を高価買取してもらうコツ

TW200は、1987年に発売されたトラッカーバイクです。バルーンタイヤと呼ばれる極端に太い後輪タイヤが特徴で、1990年代後半に若者の間で大ヒットしました。見た目はオフロードっぽいですが、街乗りをメインで使う人が多かったですね。ヒットの要因となったのは、キムタクがドラマ「ビューティフルライフ」で使...

≫続きを読む

 

TW225Eを高価買取してもらうコツ

TW225Eは、2002年に発売されたトラッカーバイクです。TW200の後継車であり、排気量を225ccにボアアップして登場しました。ストリートバイクブームを作った車種であり、スカチューンが人気でしたね。90年代後半のカスタムバイクは、TW225Eの独壇場ともいえる状態でした。徹底的にパーツを外して...

≫続きを読む

 

TZR250を高価買取してもらうコツ

TZR250は、1985年に発売されたレーサーレプリカです。レース車両の「TZ250」を公道仕様にしたもので、かなりのハイスペックを誇っていました。自主規制の上限である、45PSの最高出力となっています。フレームやスイングアームなどはアルミ合金を採用し、徹底的に軽量化を行いました。さらに、常用域での...

≫続きを読む

 

TZR50Rを高価買取してもらうコツ

TZR50Rは、1993年に発売された50ccの本格レーサーレプリカです。1990年に発売されたTZR50の2代目で、原付としては初のフルサイズ車両となっています。TZR50よりもフレームが補強されており、剛性が強化されていますね。原付ながらフルサイズのレーサーなので、長距離での疲労が少ないのが特徴...

≫続きを読む

 

VMAXを高価買取してもらうコツ

VMAXは、1985年に発売されたロードスポーツモデルです。ネイキッドとアメリカンの中間くらいのスタイルをしており、明確に分類できるカテゴリはありません。1200ccの初期型と1700ccの後期型が存在します。水冷4ストロークV型4気筒エンジンに新機構のVブーストシステムを採用し、ドラッグレースで1...

≫続きを読む

 

ヤマハ・VOXを高価買取してもらうコツ

VOXは、2006年に発売された原付スクーターです。四角い箱のようなスタイルをしており、「アソビバコ!」というキャッチフレーズで、若者をターゲットとしていました。ヤマハ50cc初のインジェクションを搭載したことでも、話題となりましたね。34Lの横開きメットインスペースが最大の特徴で、テニスラケットも...

≫続きを読む

 

WR250Fを高価買取してもらうコツ

WR250Fは、2001年に発売されたエンデューロレースの競技車両です。YZ250Fをベースとしており、サスペンションやホイール、キャブセッティングなどを変更しています。ヨーロッパで販売されているモデルなので、日本国内では正規販売されていません。なので、並行輸入車を購入する形となりますね。当初はキッ...

≫続きを読む

 

WR250Rを高価買取してもらうコツ

WR250Rは、2007年に発売されたオフロードバイクです。エンデューロのWR250Fの一般向け仕様を作るというコンセプトですが、エンジンやフレームなどはすべて新設計となっています。公道仕様として初めてアルミフレームを採用するなど、他の一般用オフロード車と比較しても圧倒的なスペックを誇っています。し...

≫続きを読む

 

WR250Xを高価買取してもらうコツ

WR250Xは、2007年に発売されたモタードタイプのオートバイです。競技用車のWR250Fを目指して開発されており、オンロードタイヤを履かせてストリート仕様にしています。兄弟車のWR250Rと共に、250ccクラスの市販車の中で最高のスペックを持つプレミアムバイクですね。パワーバンドが10,000...

≫続きを読む

 

XJ6Nを高価買取してもらうコツ

XJ6Nは、2009年に発売されたネイキッドタイプのオートバイです。1991年に登場したディーバージョンシリーズの派生車種で、ヨーロッパへの輸出向け車両となっています。なので、日本国内では逆輸入車として販売されていますね。FZ6をベースとした600ccの水冷4ストローク並列4気筒エンジンを搭載してい...

≫続きを読む

 

XJ6 Diversion(ディバージョン)を高価買取してもらうコツ

XJ6 Diversionは、2008年に発売されたハーフカウルを装備したロードスポーツモデルです。ヨーロッパで販売しているモデルなので、日本国内での正規販売はされていません。万人受けを狙った600ccのミドルクラスで、扱いやすさを重視しています。軽量コンパクトな車体なので、日常の足としても使うこと...

≫続きを読む

 

XJ6 Diversion F(ディバージョン)を高価買取してもらうコツ

XJ6 Diversion Fは、2008年に発売されたレーサーレプリカです。ディバージョンシリーズの一つで、フルカウルを装着してスポーティーさを強調しています。日常生活での扱いやすさに重点を置いており、軽量コンパクトなのが特徴ですね。海外専用モデルですから、日本での正規販売はありません。しかし、並...

≫続きを読む

 

XJR1200を高価買取してもらうコツ

XJR1200は、1994年に発売されたネイキッドタイプのオートバイです。FJ1200から流用した空冷4ストローク並列4気筒エンジンを搭載し、二輪車の空冷4気筒の中では世界最大の排気量モデルでした。スタンダードなバイクなので、初心者でも操作性が高いのが特徴ですね。初めての大型バイクとして、選択する人...

≫続きを読む

 

XJR1300を高価買取してもらうコツ

XJR1300は、1998年に発売されたネイキッドバイクです。XJR1200のフルモデルチェンジとして、排気量を1300ccまで拡大されました。排気量のアップによるトルクの向上や、足回りの変更によって走行性能が大きく改善されています。リッターバイクでありながら、中型車と同等の軽やかなハンドリングなの...

≫続きを読む

 

XJR400を高価買取してもらうコツ

XJR400は、1993年に発売された400ccのネイキッドバイクです。XJ400の後継モデルであり、空冷最速のネイキッドを目指して開発されました。15年以上にわたって販売されたロングセラーモデルで、ヤマハの歴史に残る名車だといえます。オーリンズ製リアサスペンションとブレンボ製ブレーキキャリパーを搭...

≫続きを読む

 

XS650スペシャルを高価買取してもらうコツ

XS650スペシャルは、1978年に発売されたアメリカン風のオートバイです。TX650がベースとなっていて、チョッパーハンドルや段付きシートなどでアメリカン風の外観にしています。XS650の派生車種であり、当時の大型バイクブームに乗って人気となりました。ヤマハが初めて4ストロークエンジンを搭載したシ...

≫続きを読む

 

XSR900を高価買取してもらうコツ

XSR900は、2016年に発売されたレトロなロードスポーツモデルです。レトロな外観ですが最新技術が詰め込まれており、「ネオ・レトロ」という新しいジャンルを確立しました。MT-09の3気筒エンジンをベースに、トラクションコントロールとアシスト&スリッパークラッチを採用しています。そのため、見た目に似...

≫続きを読む

 

XT1200Z(ZE)スーパーテネレを高価買取してもらうコツ

XT1200Zスーパーテネレは、2010年に発売されたアドベンチャーバイクです。パリ・ダカールラリーで総合優勝したXT500をモチーフにしており、海外専用モデルとして販売されています。日本国内では代理店のプロストが、逆輸入して販売していますね。ラリーバイクとしての高い走破性能を持っており、過酷な道路...

≫続きを読む

 

XT250Xを高価買取してもらうコツ

XT250Xは、2006年に発売されたモタードタイプのオートバイです。セロー250をベースとしており、前後17インチのホイールを履いています。軽量で扱いやすいために、ストリートを軽快に走ることができますね。17インチホイールに加えて、専用セッティングされた前後サスペンションを装着しているので、オンロ...

≫続きを読む

 

XTZ125を高価買取してもらうコツ

XTZ125は、中国ヤマハが販売する原付二種のオフロードバイクです。日本での正規販売はされていないので、逆輸入車という位置づけとなっています。フルサイズのボディですから、125ccに見えない大きさが特徴ですね。日本での知名度は低いですが、原付二種のオフロードは珍しいために、一部の層からは人気がありま...

≫続きを読む

 

XV1900Aミッドナイトスターを高価買取してもらうコツ

XV1900Aミッドナイトスターは、2005年に発売されたアメリカンタイプのオートバイです。海外専用モデルとなっており、ミッドナイトスターシリーズとして、排気量別にラインナップされています。1900ccの大排気量エンジンに曲線美の美しいスタイルは、圧倒的な存在感を放っています。ヤマハのクルーザー造り...

≫続きを読む

 

XV1900CUを高価買取してもらうコツ

XV1900CUは、ヤマハが北米市場で販売するアメリカンタイプのオートバイです。クラシックスタイルの「XV1900A」に対し、XV1900CUはショートフェンダーを採用したチョッパースタイルとなっていますね。ロー&ロングに長いフロントフォークが特徴で、1900ccの空冷4ストロークVツインエンジンが...

≫続きを読む

 

XV250ビラーゴを高価買取してもらうコツ

XV250ビラーゴは、1988年に発売された250ccのアメリカンです。本格的なロー&ロングスタイルで、新開発のV型2気筒エンジンを搭載しています。XVシリーズとして排気量別に販売されており、その末端に位置するモデルですね。フラットハンドルとアップハンドルの、2タイプが用意されていました。国内では2...

≫続きを読む

 

XVS1300Aミッドナイトスターを高価買取してもらうコツ

XVS1300Aミッドナイトスターは、2006年に発売されたアメリカンタイプのオートバイです。ミッドナイトスターシリーズの一つで、XV1900Aの弟分的な存在となっています。海外専用モデルということもあり、国内での正規販売は無く並行輸入車を購入する形となりますね。クルーザーにしては運動性能が高く、前...

≫続きを読む

 

XVS1300CUを高価買取してもらうコツ

XVS1300CUは、ヤマハが海外で販売しているアメリカンタイプのオートバイです。XVS1300Aの兄弟車であり、ロー&ロングのチョッパースタイルとなっています。また、XV1900CUの弟分でもありますね。タンク後方を絞り込むことでボリュームを落とし、かなりスリムな車体となっているのが特徴です。また...

≫続きを読む

 

XVS950Aミッドナイトスターを高価買取してもらうコツ

XVS950Aミッドナイトスターは、2008年に発売されたアメリカンタイプのオートバイです。海外で人気のミッドナイトスターシリーズの末端モデルで、女性ライダーでも乗りやすいミドルクラスの車両となっています。950ccの空冷4ストロークV型2気筒エンジンを搭載し、バランサーレスのシンプルな構造により軽...

≫続きを読む

 

YB-1(Four)を高価買取してもらうコツ

YB-1は、1996年に発売された50ccのスポーツモデルです。SR400のようなレトロな外観をしており、ボディーカラーもSR400と同一となっていました。メッキパーツを多用した高級感のあるスタイルで、非常に人気となりましたね。元々は、ビジネスバイクのYB50がベースとなっており、それをスポーツテイ...

≫続きを読む

 

YB125SPを高価買取してもらうコツ

YB125SPは、中国ヤマハが生産する原付二種のオートバイです。SR400に似たレトロなスタイルをしており、流行に左右されずに長く乗ることができます。新車でも20万円前後ですから、安くて経済的ですね。軽量で取り回しが楽ですから、ビギナーや女性からの支持が強いです。125ccの適度なパワーと燃費の良さ...

≫続きを読む

 

YBR125を高価買取してもらうコツ

YBR125は、2000年に発売された原付二種のネイキッドバイクです。中国ヤマハで生産されており、世界規模で販売されるグローバルなモデルとなります。日本でもYSPで販売されていますが、正規販売ではなく輸入車という扱いです。販売される国によって仕様が異なるため、色々なバージョンが生産されています。エン...

≫続きを読む

 

YX125を高価買取してもらうコツ

YX125は、中国ヤマハが販売する原付二種のネイキッドバイクです。YBR125の兄弟車で、日本国内では代理店を通して流通していますね。YBR125よりもシャープなスタイルとなっており、ストリートファイターに近いデザインです。125ccという実用的なスペックに、新車で20万円を切るほど低価格などもあり...

≫続きを読む

 

YZF-R1を高価買取してもらうコツ

YZF-R1は、1998年に発売されたスーパースポーツです。主に海外専用モデルとして販売されていて、日本では逆輸入車として販売されています。ミドルクラス並みの車重にリッターエンジンを搭載し、スーパースポーツブームの火付け役となりました。ヤマハのスポーツモデルのフラッグシップであり、世界中で絶大な支持...

≫続きを読む

 

YZF-R125を高価買取してもらうコツ

YZF-R125は、2008年に発売された原付二種のレーサーレプリカです。ヨーロッパを中心に販売されており、日本での正規販売はありません。なので、輸入車として購入することになりますね。125ccですがフルサイズのボディなので、かなり存在感があります。なので、大柄な人が乗っても窮屈さを感じませんし、走...

≫続きを読む

 

YZF-R15を高価買取してもらうコツ

YZF-R15は、2008年に発売された150ccのレーサーレプリカです。ヤマハがインドで生産しているモデルで、日本国内のYSPでも輸入車として販売されています。YZF-Rシリーズ伝統の2眼ヘッドライトを採用し、シャープな印象となっていますね。ヤマハが力を入れているシリーズなのでハイスペックですが、...

≫続きを読む

 

YZF-R1Mを高価買取してもらうコツ

YZF-R1Mは、2014年に発売されたスーパースポーツモデルです。YZF-R1の上位モデルとなっており、レースやサーキット走行を主眼に置いて開発されました。なので、競技用モデルに最も近い市販車ですね。エンジンにチタン合金を採用することで60%の軽量化を実現し、オーリンズ製の電子制御サスペンションや...

≫続きを読む

 

YZF-R25を高価買取してもらうコツ

YZF-R25は、2014年に発売された250ccのレーサーレプリカです。320ccのYZF-R3との兄弟車であり、インドネシアで生産されて世界中で販売されています。ヤマハが20年ぶりに出した250ccスポーツなので、大きな話題となりました。フルカウルのレプリカですが、ハンドル位置が高めでシート高も...

≫続きを読む

 

YZF-R3を高価買取してもらうコツ

YZF-R3は、2015年に発売された320ccのレーサーレプリカです。YZF-R25をボアアップしたモデルですが、ABSを標準搭載してタイヤも高速域向けに設定されています。最高出力は6PSアップの42PSになっていて、十分なパワーがありますね。YZF-R25との違いは、見た目からはほとんど分かりま...

≫続きを読む

 

YZF-R6を高価買取してもらうコツ

YZF-R6は、1998年に発売されたレーサーレプリカのオートバイです。ヨーロッパを中心に販売する海外モデルで、YZF-Rシリーズの600cc版となっています。「YZF600Rサンダーキャット」の後継車種ですね。モデルチェンジのたびに先進技術を取り入れており、LEDテールランプや電子制御スロットル、...

≫続きを読む

 

ヤマハ・ジール(ZeaL)を高価買取してもらうコツ

ZeaLは、1991年に発売されたネイキッドスタイルのバイクです。低重心で足つきが良好なために、女性ライダーや初心者から人気がありました。街乗りでの扱いやすさを重視しており、最大トルクはクラストップとなっています。使い勝手にも考慮されていて、タンクとハンドルの間にある小物入れやシート下に収納されてい...

≫続きを読む

 

グランドアクシス100(Grand Axis)を高価買取してもらうコツ

グランドアクシス100は、1998年に発売された原付二種のスクーターです。台湾ヤマハで生産されていて、それを正規輸入して国内で販売されていました。そのため、低価格でコストパフォーマンスに優れたスクーターとなっています。原付と変わらないボディサイズに100ccのエンジンを搭載しているため、機動力が高く...

≫続きを読む

 

グランドフィラーノを高価買取してもらうコツ

グランドフィラーノは、タイヤマハで生産される125ccのスクーターです。海外専売モデルのため、日本国内での販売は行われていません。なので、代理店を通して並行輸入車を購入するという形になりますね。曲線を意識した可愛らしいフォルムが特徴で、少しレトロな雰囲気があります。そのため、タイの周辺諸国では最も売...

≫続きを読む

 

グランドマジェスティ250を高価買取してもらうコツ

グランドマジェスティ250は、2004年に発売されたビッグスクーターです。1990年代後半にマジェスティがヒットしたことから、その上位モデルとして出力や性能などを向上させて登場しました。海外専用モデルだったマジェスティ400をベースとしており、通常のマジェスティよりも大柄な車体が特徴ですね。水冷4ス...

≫続きを読む

 

グランドマジェスティ400を高価買取してもらうコツ

グランドマジェスティ400は、2005年に発売された400ccのビッグスクーターです。元々は海外専用モデルでしたが、日本での発売を求める声が多かったことから、日本向けにアレンジしてリリースされました。ビッグスクーターといえば250ccが定番ですが、400ccの余裕ある走りとラグジュアリーさが魅力とな...

≫続きを読む

 

シグナスXを高価買取してもらうコツ

シグナスXは、2003年に発売された原付二種のスクーターです。台湾ヤマハで生産したものを、正規輸入して販売されました。前後12インチホイールや大容量メットインスペースなどを採用し、スポーティーな外観などから大ヒットとなります。原付二種ブームが来る前からヒットしていたモデルで、若者の通勤・通学用のバイ...

≫続きを読む

 

シグナスX FIを高価買取してもらうコツ

シグナスX FIは、2005年に台湾で発売された原付二種のスクーターです。「シグナスX」をインジェクション化したモデルで、始動性が大きく向上しています。日本仕様よりも、安価でパワーがあるのが特徴ですね。日本版でも2007年にインジェクションが搭載されましたが、排ガス規制の影響で馬力が抑えられています...

≫続きを読む

 

シグナスX SRを高価買取してもらうコツ

シグナスX SRは、2004年に発売された原付二種のスクーターです。シグナスXの上位モデルであり、サスペンションの調節機能やウェーブディスクローターを採用して、スポーティーさを強調しています。空冷4ストローク単気筒エンジンにインジェクションを搭載し、常用回転域でのトルクや出力は申し分ありません。さら...

≫続きを読む

 

シグナスZを高価買取してもらうコツ

シグナスZは、中国ヤマハで生産される原付二種のスクーターです。台湾ヤマハで生産されるシグナスXとは別物で、新車価格でも20万円以下で買える廉価なモデルとなっています。旧式の2バルブエンジンや小径タイヤをを採用するなど、コストカットを行うことで価格を下げていますね。格安で購入できるスクーターなので、日...

≫続きを読む

 

セロー225を高価買取してもらうコツ

セロー225は、1985年に発売されたオフロードバイクです。林道などでの走行を楽しむマウンテントレールでありながら、街乗りでも軽快に走ることができる万能さを兼ね備えています。とにかく、扱いやすさが最大の特徴で、足つき性や旋回性の高さに優れているので誰にでも乗りやすいバイクです。専門のイベントも各地で...

≫続きを読む

 

セロー250を高価買取してもらうコツ

セロー250は、2005年に発売されたオフロードバイクです。セロー225の後継モデルであり、排気量を拡大してリニューアルされました。トリッカーをベースにした車体のため、先代よりも外見が大きく変更されています。セロー225が林道や山道に特化していたのに対し、セロー250では市街地や高速道路での走行も視...

≫続きを読む

 

ドラッグスター1100(DS11)を高価買取してもらうコツ

ドラッグスター1100は、1999年に発売されたアメリカンタイプのオートバイです。ドラッグスター400の兄貴分として位置付けられ、「XV1100ビラーゴ」の後継モデルとなっています。1100ccの空冷Vツインエンジンに、メッキシリンダーや鍛造ピストンなどを組み込むことで、スポーティーな乗り味とフィー...

≫続きを読む

 

ドラッグスタークラシック1100(DSC11)を高価買取してもらうコツ

ドラッグスタークラシック1100は、2000年に発売されたアメリカンタイプのオートバイです。タンクを覆うような大型フェンダーを装着しており、名前の通りクラシックスタイルとなっていますね。大型のシートやステップボードなどが標準装備ですから、ロングツーリングをしても疲労感が少ないでしょう。かなり大きな車...

≫続きを読む

 

ドラッグスター250(DS250)を高価買取してもらうコツ

ドラッグスター250は、2000年に発売されたアメリカンタイプです。ドラッグスターシリーズのエントリーモデルで、「XV250ビラーゴ」の後継車種となっていますね。ツインサスペンションやチェーン駆動を採用したことが、大きな特徴といえます。250ccにしては大柄な車体なので、近くで見るとかなりの迫力です...

≫続きを読む

 

ドラッグスター400(DS4)を高価買取してもらうコツ

ドラッグスター400は、1996年に発売されたアメリカンクルーザーです。ドラッグスターシリーズの最初のモデルで、鼓動感を強調した空冷Vツインエンジンを搭載しているのが特徴となります。リジット風に見えるモノショック式サスペンションやシャフトドライブを採用することにより、スポーティーな走行ができるように...

≫続きを読む

 

ドラッグスタークラシック400(DSC4)を高価買取してもらうコツ

ドラッグスタークラシック400は、1998年に発売されたアメリカンクルーザーです。ドラッグスター400の兄弟車であり、ワイドな16インチタイヤや大型フェンダーなど、重厚感のあるスタイルとなっています。同クラスのアメリカンでは唯一となる、空冷Vツインエンジンを搭載していることで、余計なパーツを排除して...

≫続きを読む

 

トリシティ125を高価買取してもらうコツ

トリシティ125は、2014年に発売された三輪スクーターです。フロントが二輪でリアが一輪という珍しい構造で、アジアやヨーロッパなど世界中で販売されています。道路交通法では、通常の二輪車と同等に扱われるようです。「ニュースタンダード シティコミューター」というコンセプトを掲げ、街乗りスクーターの新しい...

≫続きを読む

 

トリッカーを高価買取してもらうコツ

トリッカーは、2004年に発売されたオフロードバイクです。「フリーライド・プレイバイク」というコンセプトを掲げており、固定観念にとらわれない自由な乗り方ができるようになっています。林道や山道などの未舗装路での走行はもちろん、ウイリーやアクセルターンも可能です。軽量化のために最小限の装備に抑えられてお...

≫続きを読む

 

ビーノを高価買取してもらうコツ

ビーノは、1997年に発売された原付スクーターです。1990年代にファッションスクーターが流行し、それに対応する形で開発されました。曲線を意識したレトロなスタイルで、女性をターゲットとしています。フレームやエンジンなどの基本構造はジョグアプリオと共通となっており、フロントサスペンションにはボトムリン...

≫続きを読む

 

ビーノモルフェを高価買取してもらうコツ

ビーノモルフェは、2009年に発売された原付スクーターです。ジョグポシェの後継モデルであり、前カゴを搭載して積載力を高めています。主婦層にアプローチしている車種で、日常の買い物車として人気がありますね。前カゴの容量は16Lと十分な大きさですし、シャッターが付いているために中の荷物が飛び出すことはあり...

≫続きを読む

 

マグザムを高価買取してもらうコツ

マグザムは、2005年に発売されたビッグスクーターです。同年に高速道路での2人乗りが解禁されたことに伴い、タンデム走行を快適に行えることを目的に開発されました。そのため、重心を極端に低くしたスタイルが特徴的となっています。シート高が655mmなので、足つき性が良好で乗り降りも非常に楽です。また、シー...

≫続きを読む

 

マジェスティを高価買取してもらうコツ

マジェスティは、1995年に発売されたビッグスクーターです。普通のスクーターよりも二回りほど大きなボディに、広大なシート下スペースを確保しており、発売と同時にヒットモデルとなりました。ビッグスクーターブームの火付け役となった一台で、20年以上にもわたって販売されています。使い勝手の良さとカスタムのし...

≫続きを読む

 

マジェスティ125を高価買取してもらうコツ

マジェスティ125は、台湾ヤマハで生産された原付二種のスクーターです。日本での正規販売はされておらず、代理店が並行輸入して販売していました。価格が安かったことで日本でも人気となり、「コマジェ」と呼ばれていましたね。初期モデルはキャブレター仕様でしたが、後期からはインジェクションを搭載して始動性が大き...

≫続きを読む

 

マジェスティS(SMAX)を高価買取してもらうコツ

マジェスティSは、2013年に発売された155ccのスクーターです。台湾では「SMAX」という名称で販売されており、それを正規輸入して日本でも販売しています。排気量の区分では普通二輪に該当し、原付二種よりもパワーに余裕がありますね。原付二種のミドルスクーターが流行しましたが、それよりもゆとりを持たせ...

≫続きを読む

 

DT230LANZA(ランツァ)を高価買取してもらうコツ

DT230ランツァは、1997年に発売されたオフロードバイクです。DTシリーズとして排気量別にリリースされていますが、その中で最終となったモデルになります。2ストロークのオフロード車なので、かなり貴重となっていますね。DT200WRのエンジンをボアアップして搭載し、最高出力は40PSを発生させます。...

≫続きを読む