ドラッグスタークラシック400(DSC4)を高価買取してもらうコツ

ドラッグスタークラシック400(DSC4)を高価買取してもらうコツ

ドラッグスタークラシック400(DSC4)を高価買取してもらうコツ

 

ドラッグスタークラシック400は、1998年に発売されたアメリカンクルーザーです。ドラッグスター400の兄弟車であり、ワイドな16インチタイヤや大型フェンダーなど、重厚感のあるスタイルとなっています。

 

同クラスのアメリカンでは唯一となる、空冷Vツインエンジンを搭載していることで、余計なパーツを排除して美しいフォルムを強調していますね。全体にメッキパーツが散りばめられているため、高級感があるといえるでしょう。

 

国産アメリカンとしてはトップクラスの人気を誇るため、中古市場でも盛んに取引されています。需要が無くなることがありませんから、買取相場も安定傾向にあるわけです。なので、高く売ることができます。

ドラッグスタークラシック400の買取相場

車種名 年式 走行距離 買取価格
ドラッグスタークラシック400 2014年 3,800km 527,000 円
ドラッグスタークラシック400 2014年 4,200km 510,000 円
ドラッグスタークラシック400 2011年 4,700km 497,000 円
ドラッグスタークラシック400 2010年 5,300km 462,000 円
ドラッグスタークラシック400 2012年 5,600km 423,000 円
ドラッグスタークラシック400 2008年 6,100km 400,000 円
ドラッグスタークラシック400 2005年 7,600km 375,000 円
ドラッグスタークラシック400 2006年 13,500km 358,000 円
ドラッグスタークラシック400 2002年 17,900km 330,000 円

ドラッグスタークラシック400を高く売るポイント

ヤマハ・ドラッグスタークラシック400のスペック EBL-VH02J

全長 2450mm 車重 247kg
全幅 930mm 燃料タンク容量 15L
全高 1110mm エンジン 空冷4ストロークSOHC2バルブV型2気筒(H602E)
シート高 710mm 排気量 399cc

 

ドラッグスター400」の派生車種として、豪華な装備を取り入れたのがドラッグスタークラシック400です。大型のディープフェンダーにサドルシート、フットペダルに大型ヘッドライトなど、400ccとは思えないほどの重厚感となります。

 

実際、兄貴分の「ドラッグスタークラシック1100」と比較しても、ほとんど変わらないサイズをしていますね。約250kgの大きな車体ですが、力強いトルクのエンジンなのでスムーズに加速することが可能です。

 

ワイドタイヤにフットペダルなどを装備しているため、長距離ツーリングにも適したモデルだといえますね。長く乗っても疲れにくくなっていますし、直進の安定性も非常に高いです。

 

サイドバッグなどを付けると積載性も抜群ですし、数日間のキャンプくらいなら十分に対応できるでしょう。見た目以上にスポーティーに走れますから、走行時に不満を感じることも少ないはずです。

 

また、カスタムパーツも非常に豊富で、お金をかければ無限に改造することができます。のんびりツーリングを楽しむのも良し、好きなようにカスタムするのも良しで、色々な楽しみ方ができる一台ですね。

 

 

ドラッグスターは20年以上の歴史があるので、幅広い世代にファンが多いです。なので、中古市場でも大人気となっており、安定して売れている車種ですね。在庫の回転が早いために、バイク屋も積極的に仕入れようとしています。

 

なので、買取相場も高くなっており、交渉すれば高値を付けてくれる可能性があります。上手くいけば相場以上の価格で売れることもありますから、根気よく交渉を重ねるようにしてください。

 

ドラッグスタークラシック400の一括査定はコチラ