バイクを売却するときの手順について

バイクを売却するときの手順について

初めてバイクを売るときには、どのようにすれば良いのか分かりませんよね。数十万円のお金が動くわけですから、失敗すると損をしてしまうかもしれません。なので、正しい手順を理解しておきましょう。

 

このページでは、買取業者へバイクを売却する際の流れを紹介します。この流れに沿って行えば、誰でも迷うことなく手続きを完了できますよ。特に難しいことはありませんから、覚えておいてください。

 

バイクを売却するときの手順について

 

1.査定の申し込み

 

まずは、買取業者へ連絡して査定の日取りを決めましょう。自分の都合の良い日に自宅まで来てくれます。

 

電話やネットで申込できますが、おススメなのはネットですね。「バイク比較.com」というサービスなら、複数の買取業者に一括して申し込みすることができます。

 

3分ほどで完了できるので、ぜひ使ってみてください。

 

 

2.査定

 

申し込みをすれば、指定した日に業者が自宅に来てくれます。そこで、バイクを見てもらって、査定をするわけですね。査定内容としては、バイクの状態や走行距離、年式などをチェックするようです。

 

前もって洗車などをしておくと印象が良くなるので、査定がアップするかもしれません。ただ、傷や凹みなどがある場合には、修理しないでください。修理をしても大幅な査定アップはしないので、そのままにしておきましょう。

 

バイクを高く売るためのポイント

 

 

3.商談

 

業者が査定金額を提示してくれるので、価格の交渉に入ります。金額に納得すればOKを出せばいいですし、納得できなければ査定アップの交渉をしてください。

 

基本的に、最初は低めの査定額を出されることが多いです。もっと価値があると思うのであれば、遠慮なく価格の交渉ををしましょう。交渉次第で大幅に査定が上がることもあるので、出来る限り粘ることをおススメします。

 

この時に、複数の業者で見積もりを出してもらうと、それをネタにして交渉をすることができます。「他の業者は○○万円でしたよ」と言えば、それに対抗して査定額をアップしてくれるはずです。

 

ですから、「バイク比較.com」を使って、複数の業者で査定してもらうことを忘れないでください。

 

 

4.取引終了

 

価格の交渉をして、納得がいけば交渉成立となります。その場で契約書にサインをして、契約を済ませてください。名義変更などの手続きは、すべて業者がやってくれるので安心してかまいません。

 

数万円程度なら現金で支払ってくれますが、10万円以上になると銀行振り込みになることが多いようです。

 

 

もしも、満足のいく金額に届かない場合は、遠慮なく断りましょう。せっかく来てもらったからといって、気を遣う必要はありません。自分の大切なバイクですから、そこはシビアにやってください。

 

複数の業者に見てもらって、一番高い所に売るのがコツですね。

 

 

5.手続き完了のお知らせ

 

取引が成立した場合、後日業者から名義変更の完了通知が届きます。名義変更が行われれば、翌年の自動車税の請求などはされません。

 

事故車などの場合には、廃車登録の証明が送られてきます。業者によって異なりますが、契約完了から1ヶ月以内には、書類が送られてくるはずです。

 

もし届かないようでしたら、電話で確認をしてみてください。

 

 

まずは、一度査定を受けてみましょう。

 

おススメなのは、複数の業者に査定を出してもらって、一番高いところに売るということです。これをすることで、最も効率よく自分のバイクを売ることができます。

 

そのために、一括査定申し込みのサービスを利用してください。複数の業者に一括で申込できるので、何度も必要事項を入力する必要はありません。これを使えば、5分程度で数社へ一気に申し込みが出来るので、ぜひ活用してください。

 

 

当サイトでおススメしているのは、「バイク比較.com」という一括査定申し込みサービスです。

 

バイク比較.comだと、最大で6社の査定申し込みを同時に行うことができます。複数の業者で査定をしてもらって、一番高い価格を提示してくれた業者に売却をしてくださいね。これが、バイクを高く売るための秘訣です。

 

⇒バイク比較.comの査定申し込みはコチラ