R1-Zを高価買取してもらうコツ

R1-Zを高価買取してもらうコツ

ヤマハ・R1-Zを高価買取してもらうコツ

 

R1-Zは、1990年に発売されたネイキッドタイプのオートバイです。RZ250の後継車であり、RZと国道1号線をかけ合わせて「R1-Z」という名称となりました。水冷2ストローク並列2気筒エンジンを搭載し、速さよりもフィーリングを重視しています。

 

発売当時はレーサーレプリカ全盛期で、絶対的な速さを追求したモデルが増えていました。しかし、R1-Zは真逆の発想で開発されて、走る楽しさを追い求めているバイクです。

 

1999年に生産が終了しましたが、今では貴重な2ストロークエンジンのため、中古価格はプレミア化しています。なので、買取相場も高騰しており、状態が良ければ相当な金額が期待できるでしょう。

R1-Zの買取相場

車種名 年式 走行距離 買取価格
R1-Z 1998年 5,300km 800,000 円
R1-Z -年 6,900km 672,000 円
R1-Z -年 不明km 650,000 円
R1-Z 1992年 8,100km 578,000 円
R1-Z -年 12,700km 554,000 円
R1-Z 1995年 9,200km 506,000 円
R1-Z -年 不明km 426,000 円
R1-Z -年 15,300km 363,000 円
R1-Z -年 23,700km 287,000 円

R1-Zを高く売るポイント

ヤマハ・R1-Zのスペック

全長 2005mm 車重 134kg
全幅 700mm 燃料タンク容量 16L
全高 1040mm エンジン 2サイクル水冷クランク室リードバルブ
シート高 -mm 排気量 249cc

 

R1-Zは、「RZ250」の後継車で、2ストローク車の原点に立ち返ったモデルとなっています。レーサーレプリカ全盛期による性能競争のアンチテーゼとして、低回転型の水冷パラレルツインエンジンを搭載しました。

 

これは、「TZR250」と同系のエンジンで、細部に変更が加えられたものです。シャーシはスチール製のトラス構造となっていて、ドゥカティやVTR250などとよく似たスタイルとなっています。

 

ただ、剛性があまり高くないために、スピードを出してコーナーに侵入すると、車体がふらついてしまうようです。なので、ワインディングを攻めるのでなく、軽く流すような乗り方に向いていますね。

 

また、構成部品はFZRなどと共通のものが多く、非常に汎用性が高いです。た車種の部品を流用することができるため、メンテナンスが容易というメリットがあります。

 

あまりスピードが出るバイクではありませんが、高回転まで回すと官能的なエンジン音を楽しむことができます。なので、ライディングスキルの無いビギナーであっても、走る喜びを得られるのがポイントですね。

 

 

中古車市場では、2ストローク車の価格が高騰しているようです。なので、R1-Zの価格も上昇しており、当時の新車価格を超えている個体もありますね。買取相場も上がっていますから、高く売ることができるでしょう。

 

プレミア化しているバイクは、業者によって金額に差が出てしまいがちです。10万円以上の差が出ることもあるので、必ず複数の業者で査定を受けることを忘れないでください。

 

R1-Zの一括査定はコチラ