カワサキ 売却

カワサキのバイク買取情報記事一覧

1400GTRを高価買取してもらうコツ

1400GTRは、2008年に発売された大型ツアラーです。カワサキのフラッグシップツアラーであり、海外専用モデルとなっています。1000GTRの後継車種という位置づけで、スポーツ性と快適性を兼ね備えているモデルですね。ZZR1400のエンジンを中低速向けにセッティングすることで、市街地から高速道路ま...

≫続きを読む

 

250TRを高価買取してもらうコツ

250TRは、2002年に発売されたストリート系のオートバイです。1970年に同名のオフロードバイクが存在しており、その復刻版としての位置づけとなっています。しかし、オンロード向けに作られているのでコンセプトは異なりますね。細身のタンクに速度計のみのメーターなど、無駄を省いたシンプルなスタイルをして...

≫続きを読む

 

バリオス(BALIUS)を高価買取してもらうコツ

バリオスは、1991年に発売されたネイキッドバイクです。レーサーレプリカの「ZXR250」の水冷エンジンを流用し、中低速向けにセッティングされています。19,000rpmまで回りますから、甲高い官能的な音が特徴ですね。初期型は最高出力45PSを誇り、力強い加速力があります。走行性能を重視しているので...

≫続きを読む

 

バリオスII(BALIUS 2)を高価買取してもらうコツ

バリオスIIは、1997年に発売されたネイキッドタイプのオートバイです。バリオスの後継車であり、リアサスペンションがモノショック式から2本ショック式に変更されています。さらに、スロットルポジションセンサー付きのキャブレターを採用することで、エンジンレスポンスが向上しました。スズキに対してOEM供給さ...

≫続きを読む

 

Dトラッカー(D-TRACKER)を高価買取してもらうコツ

Dトラッカーは、1998年に発売されたモタードタイプのオートバイです。オフロードのKLX250の派生車種であり、オンロードタイヤを装着しています。このモデルを機に、日本で「スーパーモタード」というジャンルが確立しました。2008年には「Dトラッカー X」にモデルチェンジを行い、専用設計のサスペンショ...

≫続きを読む

 

Dトラッカー125(D-TRACKER)を高価買取してもらうコツ

Dトラッカー125は、2009年に発売された原付二種のモタードバイクです。KLX125をベースとしており、倒立フロントフォークに14インチのオンロードタイヤを装着しています。放熱性に優れたペタルディスクブレーキを前後に採用し、本格的な足回りとなっていますね。多機能なデジタルメーターが装備されていて、...

≫続きを読む

 

ER-4nを高価買取してもらうコツ

ER-4nは、2010年に発売されたネイキッドタイプのオートバイです。国外仕様の「ER-6n」を400ccにスケールダウンして、日本向けにしています。兄弟車として、フルカウルを装着した「ニンジャ400R」もありますね。異形ヘッドライトを採用したストリートファイターであり、低中速を重視したセッティング...

≫続きを読む

 

ER-6nを高価買取してもらうコツ

ER-6nは、2006年に発売されたネイキッドタイプのオートバイです。海外専用モデルとなっていて、日本での正規販売はしていません。タイカワサキで生産されており、グローバルモデルとして世界中で販売しています。「FUN. STYLE. EASY.」というコンセプトを掲げており、常用回転域で使いやすい走行...

≫続きを読む

 

GPZ1100を高価買取してもらうコツ

GPZ1100は、カワサキが販売していた大型ツアラーです。1983年に空冷エンジンを搭載してデビューしましたが、エンジンの放熱性に限界があったために1985年に生産が終了しています。しかし、1995年に水冷エンジンを搭載したモデルとして、リニューアルして発売されました。ZZR1100のエンジンを低中...

≫続きを読む

 

GPZ900Rを高価買取してもらうコツ

GPZ900Rは、1984年に発売された大型ツアラーです。新世代の水冷エンジンを搭載したモデルで、900ccで115PSという当時としては驚くべき性能でした。最高速度は250km/hを記録して、その時期のカワサキの最高スペックとなっています。ただ、日本国内では1991年まで750ccを上限とする自主...

≫続きを読む

 

KLX125を高価買取してもらうコツ

KLX125は、2009年に発売された原付二種のオフロードバイクです。アメリカで販売されているKLX140Lをベースとしているので、ワンサイズ大きめの車体となっています。前後にペタルディスクブレーキを採用するなど、豪華な足回りが特徴です。インジェクション仕様の空冷4ストローク単気筒エンジンなので、ど...

≫続きを読む

 

KLX250を高価買取してもらうコツ

KLX250は、1993年に発売されたオフロードバイクです。1990年代のエンデューロレースでは、2ストロークのKDXシリーズが人気を集めていました。しかし、長距離ツーリングなどの用途で、4ストロークのオフロード車が求められるようになります。そこで、水冷4ストローク単気筒エンジンを搭載した、KLX2...

≫続きを読む

 

KSR110を高価買取してもらうコツ

KSR110は、2003年に発売された原付二種のスーパーモタードです。KSR-IIの後継車種であり、タイで生産された車両を日本に正規輸入して販売していました。KLX110のエンジンを流用していて、遠心クラッチのためAT限定免許でも運転できます。排ガス規制の強化によって、日本では2009年モデルで販売...

≫続きを読む

 

KSR-IIを高価買取してもらうコツ

KSR-IIは、1990年に発売された原付二種のモタードバイクです。排気量は80ccであり、KSR-I(50cc)の上位モデルとなっています。高性能な2ストロークエンジンを搭載しており、走行性能には定評がありました。乾燥重量が77kgと軽量なために、取り回しは抜群に良いです。細い道でもスイスイ入るこ...

≫続きを読む

 

KZ1000を高価買取してもらうコツ

KZ1000は、1976年に発売されたネイキッドタイプのオートバイです。KZ900のマイナーチェンジとして登場しており、排気量のアップやクランクシャフト・クランクケースの強化などが行われています。さらに、2本出しマフラーや後輪ディスクブレーキを採用するなど、先代モデルとは外観が大きく異なっていますね...

≫続きを読む

 

ニンジャ1000(Ninja)を高価買取してもらうコツ

ニンジャ1000は、2011年に発売されたスポーツツアラーです。海外専用モデルとして販売されていて、欧州では「Z1000SX」という名称となっています。日本では逆輸入車という扱いなので、正規販売はされていません。「Z1000」をベースとして開発され、スーパースポーツとツアラーの中間的な位置づけのバイ...

≫続きを読む

 

ニンジャ250R(Ninja)を高価買取してもらうコツ

ニンジャ250Rは、2008年に発売されたスポーツバイクです。「ZZR250」に搭載された水冷並列2気筒エンジンを流用し、インジェクションを装備しました。さらに、触媒を内蔵することで、排ガス規制にも対応しています。部品の多くを他の車種から流用し、生産国をタイとすることで、大幅にコストダウンすることが...

≫続きを読む

 

ニンジャ250(Ninja)を高価買取してもらうコツ

ニンジャ250は、2013年に発売されたスポーツタイプのオートバイです。「ニンジャ250R」からのフルモデルチェンジで、ZXシリーズと同じイメージの外観となりました。エンジンやフレームなどをすべて刷新し、ABS仕様も追加されています。2012年に発表されてから予約が殺到し、数日で年間販売計画の6,0...

≫続きを読む

 

ニンジャ250SL(Ninja)を高価買取してもらうコツ

ニンジャ250SLは、2015年に発売されたスポーツタイプのオートバイです。SLとは「Super Light」の略であり、車体の軽さをコンセプトとしています。KLX250の単気筒エンジンを流用し、高回転型にセッティングしました。250ccスポーツはブームになっていますが、タイで生産することで45万円...

≫続きを読む

 

ニンジャ400R(Ninja)を高価買取してもらうコツ

ニンジャ400Rは、2010年に発売されたスポーツモデルのオートバイです。海外専用モデルの「ER-6f」とほぼ共通の車体に、400ccのエンジンを搭載しました。スポーツツアラーとしての要素が強いので、マイルドなセッティングとなっています。スーパースポーツのようなハイスペックな性能は持っていませんが、...

≫続きを読む

 

ニンジャ400(Ninja)を高価買取してもらうコツ

ニンジャ400は、2013年に発売されたスポーツモデルです。「ニンジャ400R」の後継モデルで、車体はニンジャ650と共通となっています。フルカウルに角度調節可能なウインドスクリーンなどを装備した、本格的なスポーツツアラーですね。新設計のダブルパイプペリメターフレームを採用し、全体としての剛性が適正...

≫続きを読む

 

ニンジャ650(Ninja)を高価買取してもらうコツ

ニンジャ650は、2012年に発売されたスポーツツアラーです。先代の「ER-6f/ニンジャ650R」がモデルチェンジしたことで、ニンジャ650という車名となりました。スポーティーさと、日常の使い勝手を両立させたモデルですね。2眼ヘッドライト付きのフルカウルに、3段階調節可能なウインドスクリーンなど、...

≫続きを読む

 

ニンジャZX-12R(Ninja)を高価買取してもらうコツ

ニンジャZX-12Rは、2000年に発売されたスーパースポーツです。世界最速を目指して開発されたバイクで、スズキの「ハヤブサ」をライバルとしています。新開発の水冷4ストローク並列4気筒エンジンを搭載し、最高出力は181PSとなっていますね。フルカウルにより空力性能にも優れていて、300km/hを超え...

≫続きを読む

 

ニンジャZX-10R(Ninja)を高価買取してもらうコツ

ニンジャZX-10Rは、2004年に発売されたスーパースポーツです。国内で正規販売されているモデルは、レース用車両なので公道走行ができません。なので、代理店を通して逆輸入車を購入することで、公道でも走れるようになりますね。ZX-9Rの後継となっているモデルで、市販車で初めてパワーウェイトレシオが1k...

≫続きを読む

 

ニンジャZX-14R(Ninja)を高価買取してもらうコツ

ニンジャZX-14Rは、2012年に発売されたスーパースポーツです。元々は、2007年から発売している「ZZR1400」でしたが、フルモデルチェンジによって北米・オセアニア仕様のみ「ニンジャZX-14R」という名称となりました。逆輸入車のため、日本での正規販売は行われていません。200PS以上のハイ...

≫続きを読む

 

ニンジャZX-9R(Ninja)を高価買取してもらうコツ

ニンジャZX-9Rは、1994年に発売されたレーサーレプリカです。1992年にホンダの「CBR900RRファイアーブレード」が登場して大ヒットとなったために、その対抗馬として開発されています。吸気効率を高めるラムエアシステムを搭載したことで、ファイヤーブレードよりも高い馬力を実現しました。ただ、それ...

≫続きを読む

 

ニンジャZX-6R(Ninja)を高価買取してもらうコツ

ニンジャZX-6Rは、1995年に発売されたスーパースポーツです。スポーツ色の強いスーパースポーツは、固い乗り心地や低速トルクの無さなどの欠点が多くありました。そこで、公道でも快適に走行できるスポーツとして、開発されています。日本国内仕様は、レース専用車なので公道走行ができません。逆輸入車だと公道対...

≫続きを読む

 

ヴェルシス1000(VERSYS)を高価買取してもらうコツ

ヴェルシス1000は、2012年に発売されたアドベンチャーバイクです。Z1000のエンジンがベースとなっており、長距離でも快適に走行できるようにリアキャリアや厚手のシートを装備しています。日本での正規販売はしておらず、逆輸入車として流通していますね。トラクションコントロールやABSが標準搭載ですから...

≫続きを読む

 

ヴェルシス650(Versys)を高価買取してもらうコツ

ヴェルシス650は、2007年に発売されたアドベンチャーバイクです。ER-6nのエンジンをベースにしており、低中速を重視したセッティングを行っています。見た目はアドベンチャーに近いですが、オンロード向けのスポーツ仕様なのが特徴ですね。アップハンドルで乗車姿勢が高いですし、ハイパワーの水冷並列2気筒エ...

≫続きを読む

 

カワサキ・W400を高価買取してもらうコツ

W400は、2006年に発売されたレトロなスタイルのオートバイです。カワサキのWシリーズの末弟モデルで、W650をベースに車高を下げて乗りやすくしています。クラシカルな外観ですし、性別や年齢を問わず誰にでも乗りやすいバイクですね。車体の至る所にメッキパーツが使用されており、非常に高級感があるスタイル...

≫続きを読む

 

カワサキ・W650を高価買取してもらうコツ

W650は、1999年に発売されたクラシカルな外装のバイクです。専用設計のスイッチボックスや樹脂でなく金属パーツを採用したり、造形美にこだわって開発されています。特に、ハンドルバーは、外側に向かって細くなる特殊な作りとなっていますね。新設計の空冷並列2気筒エンジンを搭載し、1軸バランサーを採用するこ...

≫続きを読む

 

カワサキ・W800を高価買取してもらうコツ

W800は、2010年に発売されたレトロなスタイルのオートバイです。W650のエンジンをボアアップしており、インジェクションを採用しました。最高出力は変わっていませんが、低速のトルクが大幅にアップしています。「650-W1」を起源とする歴史のあるシリーズで、カワサキの名車の一つですね。クロームメッキ...

≫続きを読む

 

Z1000を高価買取してもらうコツ

Z1000は、2003年に発売されたネイキッドタイプのオートバイです。ZX-9Rのエンジンをベースとしていて、フレームなどはすべて新設計となっています。カワサキでは、ネイキッドとスポーツの中間の「ストリートスポーツ」と位置付けていますね。リンク式モノサスペンションと倒立フロントフォークが搭載され、か...

≫続きを読む

 

Z125 PROを高価買取してもらうコツ

Z125 PROは、2016年に国内で発売された原付二種のオートバイです。KSR110の後継車種であり、タイで生産されています。なので、血統としてはKSRシリーズなのですが、カワサキではZシリーズの末弟モデルとして位置付けられていますね。軽量コンパクトな車体に、倒立フロントフォークや前後ペタルディス...

≫続きを読む

 

Z250を高価買取してもらうコツ

Z250は、2013年に発売されたネイキッドバイクです。Zシリーズの一つであり、世界初の250ccストリートファイタースタイルでした。ニンジャ250派生車種で、バーハンドルを採用しカウルを取り去ったモデルとなっています。スリムなシートなので足つき性が良好ですし、幅140mmの極太タイヤを装着したこと...

≫続きを読む

 

Z250SLを高価買取してもらうコツ

Z250SLは、2016年に国内で発売されたネイキッドバイクです。ニンジャ250SLのネイキッドバージョンであり、タイで生産されていますね。「SL」はスーパーライトの略で、Z250よりも20kg以上軽くなりました。車体がスリムで軽量になったため、レスポンスが格段に向上していますし、押して歩くことも簡...

≫続きを読む

 

Z400FXを高価買取してもらうコツ

Z400FXは、1979年に発売されたネイキッドバイクです。当時、ヨーロッパで発売されていた「Z500」を、日本の免許制度に合わせて400ccに変更しています。400ccの4気筒モデルということで、発売してすぐに大ヒットとなりました。4気筒エンジンは採算が合わないので各メーカーが開発を見送っていまし...

≫続きを読む

 

ゼファー1100(ZEPHYR)を高価買取してもらうコツ

ゼファー1100は、1992年に発売されたネイキッドバイクです。1989年にゼファー400が登場してヒットしたことから、ゼファーシリーズのフラッグシップモデルとしてリリースされました。当時は、レーサーレプリカ全盛期でしたが、フルカウルを好まない層から爆発的な人気を獲得しています。これを機に、ネイキッ...

≫続きを読む

 

ゼファー400(ZEPHYR)を高価買取してもらうコツ

ゼファー400は、1989年に発売されたネイキッドタイプのオートバイです。レーサーレプリカ全盛期だった時代に、カウルなしのオーソドックスなスタイルとして登場しました。これが一部の層から支持されて、爆発的にヒットしたわけです。これを機に、スペック競争だった時代から、多様なニーズに合わせたバイク作りの時...

≫続きを読む

 

ゼファー750(ZEPHYR)を高価買取してもらうコツ

ゼファー750は、1990年に発売されたネイキッドバイクです。ゼファーシリーズのミドルサイズモデルで、パイプ鋼管フレームにツインリアサスペンションなど、伝統的なスタイルとなっています。ただ、丸みを帯びた燃料タンクやテールカウルの造形など、1973年に発売された「Z2」をイメージした外観なのが特徴です...

≫続きを読む

 

ゼファーχ(ZEPHYR)を高価買取してもらうコツ

ゼファーχは、1996年に発売されたネイキッドバイクです。ゼファー400の後継モデルであり、エンジンが2バルブから4バルブに変更されています。これによって、最高出力が、46PSから53PSへとパワーアップしました。しかし、ゼファーχが販売された後も、しばらくゼファー400の併売が継続されています。2...

≫続きを読む

 

カワサキ・Z-1を高価買取してもらうコツ

Z-1は、1972年に発売されたネイキッドバイクです。ホンダの「CB750FOUR」に対抗するために、903ccの直列4気筒エンジンを搭載して開発されました。世界一の大型バイクを目指しているので、当時としては豪華な装備が特徴となっています。主に、北米市場をメインターゲットとしており、カワサキの名を世...

≫続きを読む

 

ZRX400を高価買取してもらうコツ

ZRX400は、1994年に発売されたネイキッドバイクです。アルミサイレンサーや6ポットキャリパー、扁平ラジアルタイヤなど、走行性能を重視しています。Z1000Rをイメージさせるビキニカウルを装着しており、デザイン的にも特徴がありますね。ゼファーがスタイルに重きを置いていたのに対し、ZRXは走りにこ...

≫続きを読む

 

ZRX400-IIを高価買取してもらうコツ

ZRX400-IIは、1995年に発売されたネイキッドタイプのオートバイです。ZRX400の兄弟車であり、ビキニカウルを外して丸型のマルチリフレクターヘッドライトや砲弾型メーターなどを装着しています。ヘッドライト周り以外は、ZRX400と共通となっていますね。なので、6ポッドキャリパーやラジアルタイ...

≫続きを読む

 

ZRX1100を高価買取してもらうコツ

ZRX1100は、1996年に発売されたネイキッドバイクです。ZRX400が大ヒットしたことから、ZZR1100のエンジンをベースに開発されました。リッターバイクの中ではコンパクトなサイズなので、ハンドリング性能に優れているのが特徴ですね。また、カウルなしの「ZRX1100-II」もラインナップされ...

≫続きを読む

 

ZRX1200Rを高価買取してもらうコツ

ZRX1200Rは、2001年に発売されたネイキッドバイクです。ZRX1100をフルモデルチェンジして、排気量を1164ccにボアアップしています。フレームやスイングアームの剛性がアップしているため、ハンドリング性能が大きく向上しました。メッキパーツを極力使わない硬派なスタイルで、「男のカワサキ」の...

≫続きを読む

 

ZRX1200Sを高価買取してもらうコツ

ZRX1200Sは、2001年に発売されたハーフカウル付きのオートバイです。ZRX1200Rの兄弟車であり、ハーフカウルを装着したことでツーリング仕様になっています。なので、基本仕様としては、ZRX1200Rと同じですね。ZRX1200Rにはビキニカウルが装着されていますが、風防効果は高いとはいえま...

≫続きを読む

 

ZRX1200 DAEGを高価買取してもらうコツ

ZRX1200 DAEGは、2009年に発売されたネイキッドタイプのオートバイです。先代のZRX1200Rが排ガス規制の影響で生産終了となったため、インジェクションを搭載して環境性能を高めました。先代と同じ排気量のエンジンに、ZZR1200がベースの6速ミッションを組み合わせています。高出力の設定と...

≫続きを読む

 

ZXR250を高価買取してもらうコツ

ZXR250は、1989年に発売されたレーサーレプリカです。250ccで唯一のラムエアシステムを装備したモデルで、19,000rpmがレッドゾーンの超高回転型エンジンを搭載しています。レーサーレプリカ全盛期において、トップクラスの性能を誇っていました。しかし、あまりにもパワーがありすぎるために、19...

≫続きを読む

 

エストレヤを高価買取してもらうコツ

エストレヤは、1992年に発売されたクラシックスタイルのオートバイです。英国車をイメージしたレトロな外観をしていて、走行性能よりもスタイルやフィーリングを重視しています。マフラーやメーター回りのメッキパーツやタンクの立体エンブレムなど、かなり高級感のあるスタイルが特徴です。低中速を重視した単気筒エン...

≫続きを読む

 

スーパーシェルパを高価買取してもらうコツ

スーパーシェルパは、1997年に発売されたオフロードバイクです。KLX250の水冷エンジンを空冷化し、シート高を低めに設定してトレッキング仕様となっています。悪路での走破性を高めるために、1速の設定を低くしているのが特徴です。グローバルモデルとして世界中で販売され、アメリカやカナダ、オーストラリアや...

≫続きを読む

 

ZZR1100を高価買取してもらうコツ

ZZR1100は、1990年に発売された大型ツアラーです。国外専用モデルなので日本での正規販売は行われておらず、北米では「ニンジャZX-11」という車名となります。最高出力は147PSで最高速度が290km/hに達し、当時の世界最速のバイクでした。市販車として初めてラムエアシステムを搭載した車両で、...

≫続きを読む

 

ZZR1400を高価買取してもらうコツ

ZZR1400は、2006年に発売された大型ツアラーです。ZZR1200とZX-12Rが統合されて、ZZR1400となりました。新開発のモノコックフレームに水冷並列4気筒エンジンを搭載したことで、低重心で走行時の安定性が高くなっています。ニンジャシリーズのフラッグシップとして位置付けられており、圧倒...

≫続きを読む

 

ZZR250を高価買取してもらうコツ

ZZR250は、1990年に発売されたツアラータイプのオートバイです。ZZRシリーズは直列4気筒エンジンが伝統になっていますが、このモデルだけは水冷直列2気筒エンジンを搭載しています。なので、街乗りを重視していることが分かりますね。ただ、フルカウルによる風防効果は高いですから、高速道路でも快適に走行...

≫続きを読む

 

ZZR400を高価買取してもらうコツ

ZZR400は、1990年に発売されたツアラーバイクです。本格ツアラーのZZR600をベースとしており、エンジンを400ccにスケールダウンしました。なので、大型バイクと同等の車格となっていて、かなりの存在感があります。フレーム剛性や足回りなどもZZR600の部品を流用しているため、走行時の安定性は...

≫続きを読む

 

エリミネーター125を高価買取してもらうコツ

エリミネーター125は、1997年に発売された原付二種のアメリカンタイプです。タイで生産されたものを、日本に正規輸入して販売されていました。発売当初は13PS/9500rpmの高回転型でしたが、排ガス・騒音規制の影響で7.3PS/8000rpmの低回転型になっています。アメリカンスタイルはV型2気筒...

≫続きを読む

 

エリミネーター250を高価買取してもらうコツ

エリミネーター250は、1987年に発売されたアメリカンタイプのオートバイです。GPX250Rから流用された水冷直列2気筒エンジンを搭載しており、最高出力は40PSとなっています。アメリカンにしては、かなり優れた走行性能がありますね。多くのラインナップが用意されており、ビキニカウルとアンダーカウルを...

≫続きを読む

 

エリミネーター250Vを高価買取してもらうコツ

エリミネーター250Vは、1997年に発売されたアメリカンスタイルのオートバイです。エリミネーター250からのフルモデルチェンジで、新開発のVツインエンジンを搭載しています。先代と同じくドラッグレーサーのコンセプトなので、最高出力38PSの高回転型のエンジンとなっていますね。ただ、排ガス規制の強化に...

≫続きを読む

 

バルカン400を高価買取してもらうコツ

バルカン400は、1990年に発売されたアメリカンタイプのオートバイです。「EN400TWIN」の後継となるモデルで、水冷直列2気筒エンジンを搭載しています。兄弟車としては、ドラッグレーサーの「エリミネーター400」がありますね。また、1995年にはVツインエンジンを搭載した、「VN400A」にモデ...

≫続きを読む

 

バルカン400IIを高価買取してもらうコツ

バルカン400IIは、1995年に発売されたアメリカンスタイルのオートバイです。バルカン400がプルバックハンドルなのに対し、バルカン400IIはフラットハンドルを採用しています。基本的な違いはハンドルのみなので、スポーティースタイルが好きな人にはバルカン400IIが支持されていますね。バルカン80...

≫続きを読む

 

バルカン400クラシックを高価買取してもらうコツ

バルカン400クラシックは、1995年に発売されたクラシックスタイルのアメリカンバイクです。前後16インチのスポークホイールに、大型のディープフェンダーを装着しています。当時は、400ccの国産アメリカンで、クラシックスタイルは存在していませんでした。なので、これをキッカケにクラシックスタイルが定着...

≫続きを読む

 

バルカン900クラシックを高価買取してもらうコツ

バルカン900クラシックは、2007に発売されたアメリカンバイクです。900ccのVツインエンジンにインジェクションを装備しており、力強いトルクにより快適にクルージングを行うことが可能ですね。各部に配置されたクロームメッキのパーツに、曲線を意識した大柄なスタイルなど、かなりの存在感があります。大型の...

≫続きを読む

 

バルカンSを高価買取してもらうコツ

バルカンSは、2015年に発売されたアメリカンスタイルのオートバイです。アメリカンとしてはかなり異質な存在で、異形ヘッドライトや並列2気筒エンジンを採用しています。従来のアメリカンとは違った、未来的なスタイルだといえますね。ゆったりと街乗りを楽しむこともできますし、バンク角があるのでスポーツ走行をす...

≫続きを読む