Z400FXを高価買取してもらうコツ

Z400FXを高価買取してもらうコツ

Z400FXを高価買取してもらうコツ

 

Z400FXは、1979年に発売されたネイキッドバイクです。当時、ヨーロッパで発売されていた「Z500」を、日本の免許制度に合わせて400ccに変更しています。400ccの4気筒モデルということで、発売してすぐに大ヒットとなりました。

 

4気筒エンジンは採算が合わないので各メーカーが開発を見送っていましたが、Z500からの部品の流用でコストを削減できたために発売が可能となったわけです。武骨で硬派なスタイルは、現在でもファンが多いですね。

 

1982年で生産が終了しましたが、旧車マニアからは絶大な支持を受けているモデルです。中古市場では200万円を超える車両もありますし、プレミア価格となっています。なので、状態によっては、驚くほどの金額で売却することができるはずです。

Z400FXの買取相場

車種名 年式 走行距離 買取価格
Z400FX 1982年 7,500km 1,987,000 円
Z400FX 1980年 不明km 1,843,000 円
Z400FX 1979年 不明km 1,644,000 円
Z400FX 1980年 11,600km 1,304,000 円
Z400FX 1981年 16,800km 1,149,000 円
Z400FX 1980年 13,500km 997,000 円
Z400FX 1982年 不明km 965,000 円
Z400FX 1980年 24,200km 943,000 円
Z400FX 1981年 27,700km 910,000 円

Z400FXを高く売るポイント

カワサキ・Z400FXのスペック

全長 2100mm 車重 189kg
全幅 785mm 燃料タンク容量 15L
全高 1125mm エンジン 空冷4ストローク4気筒DOHC
シート高 805mm 排気量 399cc

 

1977年にホンダの「CB400FOUR」が生産終了したので、400ccの4気筒モデルは絶滅状態にありました。二輪メーカーも需要があるのは分かっていたのですが、開発コストが高すぎるために二の足を踏んでいたんですね。

 

そこで、カワサキは輸出モデルで販売していたZ500を、400ccにボアダウンしてリリースしました。それが、Z400FXというオートバイですね。Z500と共通部品を多く使用することで、開発コストを大幅に削減したことで作られたわけです。

 

当時としては、唯一の400ccの4気筒モデルだったため、爆発的にヒットすることになります。特に、暴走族からはカリスマ的な人気となり、派手に改造して爆音で乗り回す若者が多かったですね。これに対抗するために、ホンダは「CBX400F」を発売しました。

 

現在でも、旧車愛好家が暴走族仕様にして、乗っている姿をよく見かけます。そのため、ノーマルに近い車両がかなり少なくなっていて、希少価値が上昇していますね。中古車市場でも、ノーマルに近いほど高額で販売されています。

 

最新のバイクと比べるとスペックで劣りますが、硬派なカワサキを象徴するデザインのために、今見てもカッコいいデザインですね。旧車なので盗難されやすいデメリットがありますが、昔から憧れている人が多いバイクです。

 

 

30年以上前のバイクですが、今では伝説となっています。中古市場では価格が跳ね上がっていますし、どんどん価値が上昇していますね。買取相場も明確な基準がありませんから、業者と交渉で決める形となるでしょう。

 

プレミアバイクなので、こちらの言い値で決まることも多いです。ですから、強気で交渉してみても良いかもしれません。複数の業者で査定を受けてみて、高く売れる業者を探してください。

 

Z400FXの一括査定はコチラ