ニンジャZX-6R(Ninja)を高価買取してもらうコツ

ニンジャZX-6R(Ninja)を高価買取してもらうコツ

ニンジャZX-6R(Ninja)を高価買取してもらうコツ

 

ニンジャZX-6Rは、1995年に発売されたスーパースポーツです。スポーツ色の強いスーパースポーツは、固い乗り心地や低速トルクの無さなどの欠点が多くありました。そこで、公道でも快適に走行できるスポーツとして、開発されています。

 

日本国内仕様は、レース専用車なので公道走行ができません。逆輸入車だと公道対応していますから、代理店を通して購入するする必要があります。扱いやすいミドルクラススポーツなので、世界中に多くのファンがいますね。

 

市街地からサーキットまで対応できますから、ニンジャシリーズの中でもトップクラスで人気があります。中古市場でもかなりの需要があり、買取業者が欲しがっている車種です。そのため、高額で売却しやすいといえるでしょう。

 

 

■モデル一覧

ZX600F ZX600G ZX600J ZX636A
ZX636B ZX636C ZX600P ZX600R

ニンジャZX-6Rの買取相場

車種名 年式 走行距離 買取価格
ニンジャZX-6R 2015年 3,400km 998,000 円
ニンジャZX-6R 2013年 3,900km 962,000 円
ニンジャZX-6R 2013年 4,400km 936,000 円
ニンジャZX-6R 2014年 5,200km 900,000 円
ニンジャZX-6R 2011年 6,000km 847,000 円
ニンジャZX-6R 2010年 6,800km 825,000 円
ニンジャZX-6R 2008年 8,400km 776,000 円
ニンジャZX-6R 2009年 10,700km 741,000 円
ニンジャZX-6R 2005年 13,600km 728,000 円

ニンジャZX-6Rを高く売るポイント

カワサキ・ニンジャZX-6Rのスペック

全長 2090mm 車重 191kg
全幅 710mm 燃料タンク容量 17L
全高 1115mm エンジン 水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒
シート高 815mm 排気量 599cc

 

ニンジャZXシリーズの中でも、「ZX-14R」や「ZX-10R」などはハイスペックすぎるので、公道走行ではパワーを持て余してしまいます。そこで、公道でも扱いやすいミドルクラスとして、ニンジャZX-6Rが開発されました。

 

外装デザインは、「ZX-10R」や「ニンジャ250」と共通のイメージを採用し、ニンジャらしいシャープな外観となっていますね。搭載している水冷直列4気筒エンジンは、636ccで最高出力129PSを発生させることができます。

 

市街地での扱いやすさを考慮して、低中速のトルクをアップさせているのが特徴です。アシスト&スリッパークラッチを採用しているため、クラッチ操作が軽くなっています。

 

電子制御技術も組み込まれており、3段階調節のトラクションコントロールや2段階のパワーモードなど、路面の状況に合わせてセッティングを変更することができますね。

 

前傾姿勢が緩やかなために、長時間の走行でも腰への負担が少ないです。これなら、ロングツーリングでもこなせますし、毎日乗っても不満を感じることは無いでしょう。

 

日常でも使えるカワサキの最新スポーツのため、世界中で大ヒットしています。ホンダ「CBR600RR」やスズキ「GSX-R600」、ヤマハ「YZF-R6」などのライバル車と比較しても、頭一つ抜けた人気ですね。

 

 

スーパースポーツのエントリーモデルとして、20年以上も販売されるロングセラーです。なので、中古車の人気もかなりのもので、リセールバリューは非常に高くなっています。

 

走行距離が多くても価値が下がりにくいですから、高額で売却することができるでしょう。海外でも売れているモデルのため、買取相場が下がる心配もありません。ですから、色々な業者で査定を受けながら、交渉をしてみてください。

 

ニンジャZX-6Rの一括査定はコチラ