CB400FOURを高価買取してもらうコツ

CB400FOURを高価買取してもらうコツ

CB400FOURを高価買取してもらうコツ

 

1997年に発売されたCB400FOURは、今ではプレミア価格で取引される貴重なバイクとなっています。クロームメッキの前後フェンダーと、4本出しのマフラーが特徴ですね。

 

「ヨンフォア」という愛称で呼ばれ、熱狂的なファンが数多くいます。2001年に販売が終了してから、中古車市場では200万円を超えるほど価格が暴騰しました。今後もしばらくは、人気が続いていくでしょう。

 

買取相場としては、非常に高いですね。定価を超える査定額が出ることも珍しくないので、状態が良ければとんでもない価格になるはずです。貴重なバイクですから、どこの業者でも高値を付けてくれます。

CB400FOURの買取相場

車種名 年式 走行距離 買取価格
CB400FOUR 1999年 7,800km 880,000 円
CB400FOUR 2000年 6,800km 853,000 円
CB400FOUR 1998年 6,300km 784,000 円
CB400FOUR 2001年 4,600km 750,000 円
CB400FOUR 1997年 8,000km 715,000 円
CB400FOUR 2001年 11,600km 662,000 円
CB400FOUR 1999年 12,600km 649,000 円
CB400FOUR 1998年 14,200km 620,000 円
CB400FOUR 2000年 13,000km 587,000 円

CB400FOURを高く売るポイント

ホンダ・CB400FOURのスペック NC36

全長 2130mm 車重 210kg
全幅 780mm 燃料タンク容量 15L
全高 1090mm エンジン 水冷4ストロークDOHC4バルブ並列4気筒(NC23E)
シート高 790mm 排気量 399cc

 

CB400FOURは、日常の使い勝手とバイクの雰囲気を重視するというコンセプトのもと、「ドリームCB750FOUR」をイメージして作られました。

 

当時の最新技術とレトロな外観を組み合わせて、かなり造形美にこだわったバイクになっています。メッキフェンダーやスポークホイール、丸みを帯びたタンクや4本出しマフラーなど、かなり豪華な装備となっていますね。

 

新設計のフレームに、CB400SFの直列4気筒エンジンを搭載し、さらに冷却フィンを追加しています。かなりの開発費用がかけられているので、ホンダが本気で作ったことが分かるでしょう。

 

しかし、思った以上に販売数が伸びず、わずか4年で販売が終了してしまいました。その後、雑誌などで特集が組まれるようになって注目が集まり、絶版になってから人気モデルとなったバイクです。

 

 

スポーツネイキッドなので走行性能は高いのですが、4本出しマフラーだけで21kgもあるためにコーナリングでもたつくようです。そのため、軽量の集合管マフラーに変更する人も多いですね。

 

ただ、外観の美しさがウリのバイクですから、あまり改造せずに乗る方が望ましいかもしれません。その方が買取価格も高くなりますし、乗るのであればノーマルが一番でしょう。

 

 

生産が終了しているモデルなので、中古車価格は非常に高いです。車が買えるくらいの値段になることもありますから、査定額はかなり期待していいでしょう。

 

ただし、プレミアムバイクは業者による価格差が激しいので、必ず複数の業者で査定を受けるようにしてください。業者によっては、数十万円の差になることもありますよ。

 

CB400FOURの一括査定はコチラ