原付二種(125cc)の免許取得が緩和される?自動車免許で原付二種に乗れる日が来るのか?

自動車免許で原付二種に乗れる日が来るのか?

 

最近の道路を走っていると、ピンク色のナンバープレートのバイクが増えたと思いませんか?特に、早朝の通勤の時間帯だと、ピンクナンバーのスクーターを大量に見かけます。

 

これは、原付二種と呼ばれる区分で、125cc以下の排気量のバイクですね。50ccの原付と比べてパワーがありますし、30km/h制限や二段階右折などの義務が無いために人気が高まっているわけです。

 

 

ただ、原付だと普通自動車免許で乗ることができますが、原付二種だと小型二輪免許を取得しなくてはいけません。これがネックになって、125ccのバイクへの乗り換えを躊躇している人も多いです。

 

しかし、最近になって、「普通自動車免許で125ccのバイクまで乗れるようになるかも」という噂が広がっています。現在では50ccまでですが、その範囲が拡大されるということですね。

 

この意見については賛否両論があったり、根拠に乏しかったりするので、本当かどうかがネット上で議論されています。

 

なので、ここでは原付二種免許の規制緩和は本当なのかについて、詳しく解説をしていきます。

 

 

 

以前までは、通勤や通学の足としては、50ccの原付バイクの乗るのが一般的でした。しかし、色々な制限の多さやパワーの無さから、少しずつ50ccの人気が落ちてきていますね。

 

以下のデータは、年間の二輪車の販売台数の推移です。

 

参照:日本自動車工業会

 

現在でも50ccの販売台数は二輪車全体の半数近くを占めていますが、その販売台数は毎年のように下がり続けていますよね。

 

バイクの市場全体が縮小しているのですが、51cc以上の排気量は減少率が低くなっています。

 

50ccの減少率だけがハイペースなので、庶民の足は125ccに移行しているということになるわけです。

 

 

 

50ccだと最高速度が30km/hまでだったり、大きな交差点では二段階右折が必要になったりと、色々な制約があります。でも、125ccになると、そういった制限は無いんですね。

 

他にも、以下のようなメリットがあります。

 

  • 法定速度は自動車と同じ60km/hまで
  • 二段階右折の義務が無い
  • 二人乗りが可能
  • 車検が無い
  • ファミリーバイク特約が使える
  • 自動車税が安い(年間1,600円)
  • パワーに余裕がある
  • 小回りが利いて運転しやすい

 

機能的にも経済的にも利点が多いため、通勤・通学に最適なわけですね。実用性があるので女性からのニーズも強く、125ccのバイクが売れまくっています。

 

こういった理由から、125ccの原付二種の人気が高くなっているわけです。

 

 

 

利便性の高い125ccですが、免許の取得が必要になるのがネックとなります。教習所に通って、8時限の技能と1時限の学科を受ける必要があり、最短でも3日間も掛かってしまいますね。

 

社会人では、3日間も空けるのは難しいため、免許の取得ができないといった人が多いでしょう。そういった理由から、原付二種の普及にブレーキがかかっている状態だといえます。

 

 

 

しかし、最近になって、「普通自動車免許で125ccに乗れるようになる!」といった噂を耳にするようになりました。現在では、普通自動車免許では50ccのバイクしか乗れませんが、それが125ccまで拡大されるといった噂です。

 

この噂が広まったのは、経済産業省の自動車課長の発言がキッカケのようですね。2016年9月に神戸で開かれた『BIKE LOVE FORUM』というイベントで、「原付二種の免許取得を簡単にしたい」と発言しました。

 

でも、これは小型二輪免許を取得しやすくなるという意味で、自動車免許に付帯されるという意味ではありません。だから、間違った解釈が広まっているということになりますね。

 

将来的には分かりませんが、現時点で自動車免許に原付二種の免許が付帯される予定はありません。

 

 

 

経済産業省の担当者の発言の通り、小型二輪免許を取りやすくするための試みは進行しています。

 

具体的には、自動車免許の保有者がAT小型限定普通二輪免許を取得する際に、教習の日数を削減する方向で話が進んでいるようです。

 

現状では、最短でも3日間の教習が必要となりますが、それが2日間で取得できるようになります。これなら、社会人でも週末を使って免許を取得することが可能です。

 

 

ポイントとしては、以下の2点ですね。

 

  • 普通自動車免許を持っていること
  • AT小型限定普通二輪免許に限る

 

車の免許を持っていなければ、正規の教習を受ける必要があります。

 

また、AT免許のみが対象なので、MT免許の場合も教習日数は削減されません。原付二種のメインはスクーターですから、AT免許のみでもニーズは高いでしょう。

 

 

2017年8月には調査委員会が開かれ、実験教習のカリキュラムや評価方法が検討されました。実際に、24人の被験者を募って実験教習なども行われていますね。

 

警視庁でも法改正のための準備を進めており、2018年夏をめどに見直しを検討しているようです。

 

なので、小型二輪免許の取得が簡単になるのは、間違いないと言っていいでしょう。

 

 

50ccの原付バイクは無くなるかもしれない

 

 

ホンダのモンキーが、2017年8月で生産終了になってしまいました。バイクに興味がない人でも、モンキーの存在は知っているでしょう。50年も販売されたロングセラーモデルなので、日本中に衝撃が走りましたよね。

 

この理由としては、排ガス規制によるものです。排気ガスに含まれる有毒ガスの上限を決めた規制のことで、この基準を満たせないバイクは生産してはいけないことになっています。

 

排ガス規制はどんどん厳しい内容に改正されていくので、そのたびにエンジンを改良して対応しなくてはいけません。

 

 

ただ、莫大な開発費用が掛かってしまうので、価格の安い原付でペイすることは難しいわけですね。そういった理由で、原付バイクの多くは生産が終了していきます。

 

現在では「平成28年規制」が施行されており、これは欧州の『EURO4』と同等の世界基準となっています。これは、排ガスを従来の半分に減らすという規制で、かなり厳しいものなんですね。

 

さらに、2020年には欧州で『EURO5』が導入されることが決定していて、日本でも同等の規制が行われる予定です。今よりももっと厳しくなるので、そうなると原付バイクが全て消滅してしまうかもしれません。

 

 

こういった理由から、バイクメーカーは原付二種のラインナップを増やしており、それに伴って免許の規制緩和も行われているわけです。

 

原付二種がもっと普及すれば、行政も対応に迫られると思います。すると、普通自動車免許で、125ccのバイクを運転できる日が来るかもしれませんね。