GSX400S KATANA(カタナ)を高価買取してもらうコツ

GSX400S KATANA(カタナ)を高価買取してもらうコツ

GSX400S KATANA(カタナ)を高価買取してもらうコツ

 

GSX400Sカタナは、1992年に発売されたネイキッドバイクです。カタナシリーズの400ccモデルであり、GSX250Sカタナの兄貴分となっています。当初は販売する予定はなかったようですが、ユーザーからの要望によってリリースされました。

 

バンディット400の水冷エンジンを搭載し、空冷風のデザインを取り入れています。GSX1100Sカタナのレプリカとして忠実に再現されているので、発売と同時にヒットモデルとなりましたね。

 

2000年に生産終了となりましたが、カタナシリーズのブランド力は絶大です。現在では中古車がプレミア価格になっているので、100万円を超える車両も少なくありません。状態が良ければ、かなり高額で売却することができるでしょう。

GSX400Sカタナの買取相場

車種名 年式 走行距離 買取価格
GSX400Sカタナ 1999年 3,300km 1,339,000円
GSX400Sカタナ 1997年 5,700km 1,264,000円
GSX400Sカタナ 1998年 4,900km 1,040,000円
GSX400Sカタナ 1995年 7,100km 928,000円
GSX400Sカタナ 1994年 不明km 900,000円
GSX400Sカタナ 1992年 不明km 843,000円
GSX400Sカタナ 1993年 12,600km 812,000円
GSX400Sカタナ 1992年 16,900km 800,000円
GSX400Sカタナ 1995年 22,600km 745,000円

GSX400Sカタナを高く売るポイント

スズキ・GSX400Sカタナのスペック GK77A

全長 2060mm 車重 182kg
全幅 700mm 燃料タンク容量 17L
全高 1150mm エンジン 水冷4気筒4ストロークDOHC4バルブ(K711)
シート高 750mm 排気量 399cc

 

1981年に「GSX1100Sカタナ」が発売されると、世界的に大ヒットモデルとなります。BMWのデザイナーであったハンス・ムートによる先進的なデザインで、賛否両論がありましたが相当な売り上げを記録しました。

 

その後、1991年には250ccモデルの「GSX250Sカタナ」が発売され、翌年に400ccモデルとしてGSX400Sカタナが登場したわけですね。GSX1100Sカタナから10年以上経過していたので構造の古さは否めませんが、それでも驚異的なセールスとなりました。

 

GSX250SとGSX400Sはレプリカモデルなので、あくまでも「カタナ風」のオートバイとなります。GSX1100Sカタナとは違って水冷エンジンを採用していますし、細かな仕様が異なっていますね。

 

中低速のトルクがありますから、どの回転域からでもスムーズに加速することができます。6速30km/hからでも加速できるので、ギアチェンジをする必要はありません。十分なパワーがあるために、一般道から高速道路まで不満を感じることはないでしょう。

 

また、シートが長くて大きいために、タンデム走行なども非常に楽にこなすことができます。

 

 

かなり年代物のバイクですから、旧車といってもいいかもしれません。まともに動く車両も少なくなっていますが、中古価格は高騰していますね。買取相場も超高額ですから、高く売ることができるでしょう。

 

不動車であっても部品取りの用途に使えるので、価値が無くなることはありません。どんな車両でも値段は付きますから、査定を受けるようにしてください。

 

GSX400Sカタナの一括査定はコチラ